UNIX Power!
サイトマップ・メニュー
Top
製品
  ├アプライアンス
  │├K-PROX (プロキシ)
  │├K-SHIELD (メール)
  │└CD駆動サーバ
  ├メールサーバ向け
  │├マルウェア対策
  │├迷惑メール対策
  │└CommunigatePro
  ├ウェブフィルター向け
  │├Webウイルス対策
  │└コンテンツフィルタ
  ├ファイルサーバ向け
  │└UNIXウイルス対策
  └企業PC向け
     ├Kaspersky(WIN)
     ├Kaspersky(Mac)
     ├Kaspersky(Linux)
     ├AntiMalware(WIN)
     └ディスク消去Tool
企業情報
  ├会社概要
  ├パートナー
  └導入事例集
サポート
お問い合わせ

12-05-29 Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Server クイックスタートガイド

12-05-29 Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Server クイックスタートガイド

12-05-29 Kaspersky Anti-Virus 5.5 for Proxy Server クイックスタートガイド

12-05-29 Kaspersky Anti-Virus 5.5 for Proxy Server クイックスタートガイド

12-05-25 Kaspersky Anti-Virus 5.6 for Linux Mail Serversクイックスタート・ガイド

 
TOP > 製品一覧 > アプライアンス > CD-ROM駆動ファイルサーバ

だいこん
CD-ROM駆動ファイルサーバ

CD-ROM駆動ファイルサーバ「だいこん」
「だいこん」の概要

Windowsネットワークにおけるファイルサーバー、プリントサーバーとして機能します。
●簡単だけど、簡易ではない。めざすのはあくまで「ビジネスユース」
絞り込まれた機能、しかし、ユーザー権限の設定(フォルダ単位)、ディスクの2重化、UPS対応、自動バックアップ機能など、ファイルサーバーとして「データを確実に守る」姿勢に妥協はありません。

「だいこん」はCD-ROMから起動し、CD-ROM上で動作します。
●CD-ROMゲーム機のように、「だいこん」CD-ROMを入れるだけでパソコンがサーバーとして使用できるようになります。

古いPCから、サーバー専用マシンまで、自由なハードウェアに、「だいこん」CD-ROMを入れるだけ。それだけで、ビジネスユースに耐える、高機能サーバーが実現します。

Linuxを使用していますが、Linuxの知識は一切不要です。

だいこん概要図

ページトップへ
「だいこん」の特徴
ファイルサーバーの役割
最も重要な役割は、ファイルの安全性、と共有です。
業務がどんどんパソコンに依存してくると、パソコンデータの消失は、企業にとって致命的なものになります。
バックアップ、ディスクの2重化、UPSなど、十分対策を施したPCへ、データを集約する。
それが、パソコンを活用している企業にとっての基本です。

大容量、低価格、低管理コスト サーバーの実現
古いPCに、大容量、低価格HDを搭載。200GBクラスファイルサーバーが、低価格で実現できます。
パソコンにかかる費用は、サーバーハードウェアだけではありません。サーバーOS+クライアントアクセスライセンス費用、セットアップ費用、そして、その後の管理コストも見逃してはなりません。
「だいこん」では、セットアップは10分(ディスクの容量により変わります)、クライアント無制限、管理は非常に簡単。その差は歴然です。

パフォーマンスは負けません
「だいこん」は、決して低機能、簡易サーバーではありません。ハードウェアさえ選べば、Windows2000サーバーなどにも決してひけをとらない、高速サーバーとなります。
運用上CD-ROMを回さない工夫により、CD-ROMであるがゆえのレスポンスの低下はほとんどありません。

だいこん vs Windows2000Server速度比較



既存Windowsドメインとの認証統合

現在Windowsドメインがある場合、「だいこん」の認証をドメインコントローラ(Windowsワークステーションも可)へ移譲することができます。「だいこん」でのFTP/Macintoshサーバーへのアクセスも同様に認証移譲され、統合された認証環境が実現できます。複数台の「だいこん」も一括認証が可能です。

 
ネットワークバックアップ/同期の実現
「だいこん」は、ネットワーク上のWindowsマシン、FTPサーバーへの自動バックアップ/同期処理を実現しました。別マシン、別の場所にあるマシンへのバックアップにより、データの安全性をより高めると共に、障害時のためのバックアップサーバーの実現も可能です。別「だいこん」とのデータ同期も可能です。

すべての設定情報はフロッピー1枚に
ユーザー/グループ、共有フォルダ、権限、バックアップなど、設定したすべての情報はフロッピー1枚に保管できます。そのフロッピーディスクと、「だいこん」CD-ROMさえあれば、全く同じ設定環境がすぐに再現できます。
障害時の復旧、サーバーのグレードアップ、あるいは、クローンサーバーの作成に威力を発揮します。


ディスク残量/ログのモニタリング
ディスクの残量、ログを指定タイミングで定期的にモニタリングし、異常があれば管理者にメールを送ります。
ファイルサーバーの管理で気を使う、ディスク残量、ディスク障害、不正アクセスなどを、手間をかけずに監視することが可能です。


ブラウザ管理画面
設定は、すべてクライアントWEBブラウザから行います。

ページトップへ
基本機能
Windows(95/98/Me/NT4.0/2000/XP)、Macintoshクライアントに対し、以下の機能を提供します。詳しくはマニュアルをご覧下さい。

ファイルサーバー Windowsパソコン(NT/95/98/Me/2000/XP)、Macintosh(MacOS 7.6-9.2.x/MacOS X 10.1-)に対して共有フォルダを開放し、ファイルを共有することが可能。
また、共有フォルダにはユーザー/グループ毎に、読込/書込の権限設定が可能。(ファイル単位の権限設定はできません)
FTPサーバー 対Windows/Macintoshと全く同じユーザー認証/権限で、共有フォルダに、FTPクライアントからアクセス可能。
プリントサーバー 「だいこん」サーバーのパラレルポート接続のプリンタ、TCP/IP接続可能な、プリントサーバー接続プリンタを、共有プリンタとして、クライアントへ提供。
Macintoshに対しては、Postscriptプリンタなど、一部機種について共有が可能です。
ユーザー/グループ管理 ユーザー/グループの登録。
ユーザー/グループ毎、共有フォルダの権限設定が可能。
ユーザー/グループは、テキストファイルにより一括登録が可能。
(一括登録時、ホームフォルダの作成が可能)
自動バックアップ/同期機能
・ローカルディスク
・リモートWindows共有
・リモートFTPサーバー
指定曜日、日付、時刻に、共有フォルダ内のデータを自動バックアップ。
バックアップ先には、ローカルディスク、リモートWindows共有、リモートFTPサーバーが指定できます。
同期指定により、別のマシンをバックアップサーバーとして機能させることが可能。
無停電電源装置(UPS)対応 シリアル(RS-232C)ケーブルにて、停電信号の得られるUPSであればメーカーを問わず対応。停電時、自動的にシャットダウン。
ディスク2重化/RAID 2台のディスクが接続されていれば、ソフトウェアミラーリングが可能。
対応SCSI/IDE/RAIDカードを使用すれば、ハードウェアRAIDも可能。
DHCPサーバー IPアドレス、WINSサーバー、ディフォルトゲートウェイ、DNSサーバーアドレスも配布可能。DHCP機能OFFも可能。
DHCPクライアント ネットワーク上にDHCPサーバーがあれば、自動的にIPアドレスを設定。
プライマリドメインコントローラ プライマリドメインコントローラの設定が可能。
Windows2000 Active Directoryは未対応。
WINSサーバー WINSサーバー機能
認証の統合 ネットワーク上に、Windowsドメインコントローラ、2000、XP(Pro)マシンなどがある場合、認証を委ねることが可能。
ネットワーク上の認証を一括管理できます。
また、認証は、Windows、Macintosh、FTPで共通化されます。
アクセス制限 管理ツール、Windows、FTPなど、アクセスをローカルネットワークのみに制限できます。
モニタリング機能 ディスク残量、エラー情報などのモニタリングを行い、問題があれば、管理者に自動的にメール送付して知らせます。
アンチウイルス(オプション) リアルタイムチェック(Windows共有)、定期チェック(全ファイル)のウイルス感染チェックが可能。

●問い合わせはこちらへ → sales@kirala21.com


ページトップへ
 

プライバシーポリシー会社概要お問い合わせ |© 2016, Copyright 株式会社ケイエルジェイテック. All rights reserved.